So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

糖尿病をしょうがで改善 [糖尿病]

糖尿病を自分で治す方法の一つに、しょうがが良いのをご存知ですか?

しょうがは冷えを解消するのに飲んだり食べたりしますよね。

実は糖尿病には冷えは大敵。
冷えを放置したままでは糖尿病の根本的な改善にはならないのです。

冷えは血流を滞らせ、低体温を招きます。
すると代謝が落ち、糖を消費しづらい状態になって
血液中の糖濃度が上昇、血糖値が高いことは糖尿病には
よくないのです。

なので、しょうがを使って不調の温床となる冷えを撃退しましょう!

しょうがは冷えを取り除くだけでなく、不調を正し、病気を遠ざける
多彩な効能を持ち合わせています。

「食べる薬」と称されるように、処方される漢方薬の75%に
しょうがが配合されています。

しょうがには特有のショウガオールなどのポリフェノールや
香味や香り成分など400種類以上のファイトケミカルが含まれています。

ファイトケミカルとは植物に存在する植物性化学物質のことです。
植物の敵となる昆虫や小動物、大気汚染などから身を守るために
色だったり、強いにおいを発したりします。

その代表格がポリフェノールであり、紫外線などの影響で体内に
過剰発生すると病気や老化を引き起こす活性酸素を除去する
抗酸化作用があります。

しょうがにはそういった効能があるというわけです。

しかも、しょうがは生のしょうがではなく、加熱や乾燥したものが
より効果がアップします。

生のしょうがに熱を加えるとショウガオールが10倍以上に増え
体内の糖や脂肪の燃焼を助け、体温を上げる働きがパワーアップ。
胃腸を刺激して熱を作り出し、深部から温めます。


ぜひひと手間かけて自分だけの漢方薬を作ってみませんか?


薄く切ったしょうがを蒸した後に干したり、加熱して作る今回の漢方薬は
80℃しょうがといいます。

これは2000年前から漢方薬で使われている乾姜と同じです。
乾姜は生しょうがでは効き目が足りない場合の最強のしょうがです。
しょうがは高温で熱しすぎると有効成分が壊れてしまうので
80℃という温度が適しています。

さらに手作りならリーズナブルな漢方薬が作れますね。
常温でも保存できるので非常に便利です。


【準備するもの】

ひねしょうが 1個
ザル・蒸し器・保存容器

しょうがはよく洗って皮の汚れをそぎ落としておく


1.しょうがは皮ごと1~2mmの薄さに切る。

2.蒸し器にクッキングシートを敷き、しょうがを重ならないように並べる。
  蒸し器に水を入れ火にかける。

3.蒸し器から蒸気が勢いよくあがってから30分ほど蒸す。

4.ザルなどに重ならないように並べ、天日なら丸一日、
  室内では1週間程度干す。野菜ネットでもOK

5.しっかり乾燥できたらできあがり
  ミキサーなどで粉末にすると使いやすい


【オーブンを使う方法】


1.しょうがを薄切り

2.オーブン用のバッドにクッキングシートを敷き、しょうがを並べる

3.オーブンを80℃に設定し、1時間加熱。(45分くらいで一度チェック)
  水分が抜け、干からびたらOK



薬アレルギーなどで薬を飲めない方にもおすすめ!
ぜひお試しください。


↓お忙しい方にはこちらがおすすめ









(はつらつ元気より)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

干しみかんの皮で糖尿病や認知症予防 [糖尿病]

干しみかんの皮が糖尿病や認知症にいいって知っていますか?

みかんの皮は通常捨ててしまいがちですが、実はみかんの皮は
糖尿病や認知症にいいとされています。

みかんの皮をカラカラに干したものを陳皮(ちんぴ)といって
よく漢方薬に使われています。

陳皮は気の巡りをほどこし、風邪やさまざまな不調を
予防、改善します。

また、胃腸の働きをよくしたり、冷えの改善などもしてくれます。

みかんには「βークリプトキサンチン」という成分が含まれていて
これは実より皮に多く含まれています。

特徴としては優れた抗酸化力、がんや骨粗鬆症、糖尿病などの
生活習慣病の予防改善です。

また、認知症を予防する効果で話題のノビレチンや
脳神経を守る作用が確認されたヘプタメトキシフラボンなどの
有機化合物もみかんの皮に含まれているそうです。

干しみかんの皮は自宅で作れますのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。


【干しみかんの皮の作り方】

用意するもの

・みかんの皮 適宜(なるべくノーワックスのもの)
・熱湯 ざる


1.みかんの皮をむく(実はもちろん召し上がってください)

2.みかんの皮を流水でよく洗う

3.ワックスや農薬が気になる場合は湯通しを

4.ふきんなどで水気をとる

5.みかんの皮を適当な大きさにちぎる

6.ざるなどに重ならないように並べる

7.日向を避け、風通しが良い場所で干す
  夜は室内へ取り込む

8.10日以上干してカラカラになったらできあがり



カラカラになったみかんの皮の有効利用法として
皮は細かく砕いておき、紅茶や汁物、ドレッシングなどに
加えて使うのがおすすめです。





手間暇かけたくない人はこちら↓


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

糖尿病におすすめの手作りみそドレッシング [糖尿病]

糖尿病を患ってますと、どうしても血糖値が気になりますよね。

市販のドレッシングは液状の糖分が入っているものが多く、
血糖値の急上昇を招きやすいのであまりおすすめできません。

そこで自宅で簡単に作れる血糖値の改善も見込める簡単ドレッシングを
ご紹介します。

これは作り置きも可能なので冷蔵庫に入れておけば1週間は
保存できますのでぜひやってみてくださいね。


【材料】

みそ(有効成分メラノイジンが豊富な二年みそ、三年みそがおすすめ)
お酢(レモン汁などを加えてもOK)
油(ビタミンEの豊富なオリーブオイルがおすすめ、ごま油もOK)

【作り方】

・保存ビンへみそ大さじ1を入れる
 出汁で割った場合はその分のみその量を減らす


・お酢を大さじ1加える
 レモン汁などを加える場合はその分のお酢の量を減らす

・オリーブオイル大さじ3を加える
 好みですりおろし玉ねぎやしょうが、すりごま、刻んだにんにくなど入れても
 風味が増します

・ビンにふたをして、よく振って混ぜ合わせる
 冷蔵庫で保存し、1週間以内に使い切る


みそは発酵食品なので植物性乳酸菌が多く含有されています。
実は腸内環境を整えると血糖値の改善にも役立つのです。
植物性乳酸菌は胃酸に強く、生きたまま腸に届くので
腸内環境を整えてくれるのです。

また、みその成分のメラノイジンは、高い抗酸化力をもっているので
糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防にも役立ちます。

それから食物繊維には糖の吸収をゆっくりにする働きがあり
血糖値の急上昇を防いでくれます。

サラダや温野菜にはもちろん、肉や魚、揚げ物、豆腐などにも
万能に使えますのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

医薬品・漢方薬がネットで買える!

ちょっと前まで第二類の医薬品はインターネットでは規制がありました。

漢方薬も第二類なので通常の通販サイトでは購入が難しいため、

何とかネット販売可能な漢方薬局を探して相談の上での購入でした。

私は何年か前から漢方薬を飲んでいるのですが、何度か購入先(相談先)を変えてきました。

というのはなかなか効果が現れないからです。

まあ、漢方薬は長く飲まないといけないみたいに言われてるし、

それまでの症状が長ければ長いほど、治るまでも時間がかかるので

仕方ないかもしれませんが、高いお金を払うとなるとやはりできるだけ早いスパンで

治したい、と思うのが本音です。

また、症状の種類によっても治りやすい、治りにくいがあるんだと思います。

私の場合は神経的なものですし、小さい頃からの性質、体質もあると思うし、

自律神経系も弱いみたいなのでなかなか難しい部類かと思います。

なので完治というのは難しいかもしれませんがそれでも少しでもラクになれば、と

漢方薬に頼っています。

で、最近規制が緩和されたため、漢方薬を普通に通販で買えるようになったので

非常に助かっています。

楽天で買えばポイントつきますし、送料込みのものもあったりで

医薬品のネット購入には賛否両論があるみたいですが

やはり助かっている人が多いのではないでしょうか?

このまま購入し続けられることを祈っています。




ケンコーコム漢方薬
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

原因不明の体の不調 これで改善! [自律神経失調症]

病院で診てもらっても原因がわからない。

とにかく体に様々な不調が・・・

となると、大抵自律神経失調症と診断されると思います。

すっきりしない毎日。

こんな日々が続けば続くほど、気分も滅入ってしまい、

しまいにはうつ病に、ということも少なくないと思います。

どうやったらこのつらい症状から脱出できるのか・・・

そんなあなたにとっておきの方法があるのですが・・・





⇒こちらをクリック



自律神経失調症は人によって様々な症状が現れます。

その度合いや感じ方も人それぞれです。

そして、なかなか他人には理解してもらえない症状でもあります。

一見健康そうに見えても実はとても苦しい状態が続いているのです。


また、薬を飲んで治る、と思っている方には

この方法は向いていません。

DVDを見ながらできる方法なので

とってもわかりやすいです。

1日30分行うだけ!





⇒詳しくはこちらです
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。